事業の運転資金を銀行から借入する際の交渉のコツとは

事業を行うには運転資金が必要になります。
特に立ち上げ時には、先月の売上というものがないので、
まず最初の支出が大きくのし掛かってきます。

 

例えばお店を開く場合でも、商品の仕入れや人の雇用だけでなく、
テナントの賃貸料や内装工事の費用が掛かるからです。

 

この商品なら売れるのに、と思っても実現する資金がなければ動きようがありません。
そのため、事業の開始時 には銀行から運転資金を借入する必要があるのです。

 

借入するには銀行の担当者に借入の要因情報をまとめて提出し、
説明して納得してもらう必要があります。

 

ここで納得してもらえなかったり、疑問点に答えられなかったら借入はできません。
大事な点は借入の金額で、これにいくら使うから、というのを明確にしましょう。

 

工事費用にいくら掛かる、商品の仕入れにいくら掛かる、
併せてこの金額なので借入させてください、そういった明確な説明が必要です。

 

 

飲食店のような、仕入れた食材を料理して提供し、
客からお金がすぐに戻って来る業態の場合は、
あまり大きな借入がしにくいと言えます。

 

売掛金のようなものがないので、来月になったらこれだけお金が入る、
という形ではないからです。

 

銀行もあらゆる業態の会社へお金を貸しているので、
どの業態がどういった金回りをしているのかは把握しています。

 

それを意識した上で、自分の業態に合った説得力のある交渉をする必要があります。

 

銀行からお金を借りるというのは会社を立ち上げた社長にとって最初の大きな試練です。
担当者を納得させられなければお金は借入できませんし、お金がなければ何もできないからです。

 

交渉はなんとなく頭に浮かべた説明で臨むのではなく、
しっかりと作戦を練って、それに必要な資料を準備してから臨みましょう。

 

ただしここにもやはり人と人との駆け引きというものがあり、
ある程度説得力のある説明と資料を準備した後は、
その人の熱意が重要とも言われています。

 

この事業に絶対の自信があり、計算上これだけ売り上げる見込みがある、
自分はそれに挑戦してみたい、絶対に諦めたくない、
そういった気持ちを審査の甘い消費者金融
に押し出して交渉することが大事なのです。

 

担当者も人の子なので、ギリギリの線で迷う状態であったなら、
最後のひと押しはその情熱になることもあるのです。

ページの先頭へ戻る