設備資金とは?銀行から借入する際のポイントを解説します

事業を継続するために必要な資金は、
大きく分けると運転資金と設備資金の二つに分けることができます。

 

運転資金とは、
事業を継続するのに必要な家賃、人件費、水道光熱費、消耗品費などの資金のことです。

 

決算書では、「損益計算書(P/L)」に計上されます。

 

一方、設備資金とは、事業を維持したり、拡大するために、
設備や施設など長期にわたって使用するものに使うための資金です。
決算書では「貸借対照表(B/S)」に計上されます。

 

運転資金と設備資金で借入をしやすいのは、設備資金です。
理由は使用用途がわかりやすいからです。

 

設備資金を借入をする際は、何にいくら必要か、根拠を示す必要があります。

 

使用用途が不明なものには融資されません。
また、高額になることも多く返済計画をきちんと示す必要もあります。

 

借入をした資金で導入した設備で利益を上げるまでに一定期間がかかったり、
高額になったりすることから、返済期間を長く設定することが可能です。
ゆとりのある返済計画を立てましょう。

 

設備資金を借入をするポイントは、
資金の使用用途を明確にした
新設備の必要性・妥当性を事業計画書などを作成しきちんと示すことです。

 

担保などを用意できれば、より有利になります。

 

また、新設備の導入による運転資金の増大に対する事業計画も必要です。
新設備が自社にとってどれほどのメリットがあるのか、
適切に説明できなければ、借入は難しくなります。

 

銀行から借入をする際に、運転資金なのか設備資金なのかを聞かれたり、
借入申込書に記入する欄が分けられたりしています。

 

借入をした資金を使用用途以外に使うことはできません。
違反すると大問題です。

 

事業の継続をする中で銀行からの信用は大変重要で、
一度信用を失うと取り戻すことは簡単ではないので、うそをつくのはやめましょう。

 

資金調達をする中で借入の審査が通りやすいのはビジネスローンです。
ビジネスローンには、銀行が行っているものと、ノンバンクが行っているものがあります。

 

銀行は、ノンバンクより審査が厳しいぶん、金利が安い傾向があります。

 

資金調達を急いでいる場合には、金利は高くなってしまいますが、
ノンバンクのソフトヤミ金を検討することもよいでしょう。

ページの先頭へ戻る